組織・概要

ホーム > 組織・概要

医器販協の医療機器データベースとは?

日本医療機器販売業協会(医器販協)の情報部会に設置された、「日本医療機器販売業協会システムプロジェクト」が運営・構築・配信する、医器販協会員の為の医療機器データベースです。(会員は医器販協加入企業に限られます)

目的・役割

医療機器・材料販売業界の情報化促進を図るため、商品データベース等の情報基盤・環境を整備・構築し、かつ情報システムの開発を行い、業界の近代化を推進します。

高度情報化時代における医療業界において、医療材料及び医療用具の物流の中核を担う我々卸業者として、医療材料物流サプライチェーンを推進するための情報化に寄与します。

医療材料業界に向けて、関連機関との協力および連携を行い、医療機器データベースの精度アップ、登録件数の拡大・項目内容の充実に貢献します。

卸業者向けに卸業者のニーズを網羅したJANコードを主体に(JANコード未設定アイテムも含む)、より多くのデータベースの管理を行い、迅速で的確なメンテナンスと配信体制を整備します。

事業内容

  1. 医器販協 理事会、情報部会決定に基づいた推進活動の提供と関連業務支援
  2. 医療機器データベースの精度向上とサービス内容の充実
  3. 行政や医機連・MEDIS-DCとの連携および連絡調整
  4. 医療機器物流サプライチェーンマネージメントの推進活動
  5. 医器販協会員へのIT化推進へ向けた啓発活動の実施
  6. 医器販協 理事会、情報部会決定に基づいた推進活動

あゆみ

平成13年12月 医器販協にて「商品情報共有化プロジェクト」が発足
平成14年3月 ワーキンググループを中心にデータ構築を開始
平成15年6月 医器販協第5回定時代議員会(総会)にて発足を承認
平成15年7月 日本医療機器・材料情報センター (J-MIC) が発足
平成15年9月 J-MICデータベースとしてデータ配信を開始
平成16年4月 償還価格改定対応CD-ROMを会員宛てに初めて配信
平成16年10月 厚労省指導でMEDIS-DCとのデータ一元化対応に着手
平成18年10月 組織名を「医器販協情報部会システムプロジェクト」に改称
平成21年4月 医器販協会員への啓発活動、IT推進活動に着手
平成21年10月 データ精度向上に向けたデータ整備作業に着手
平成22年12月 次世代医器販協データベースシステムの開発に着手
平成23年12月 新医器販協データベースシステム運用開始
平成26年5月 MEDIS-DC、(株)社会保険研究所との三者協業にて特材品目・算定データベースを製作し販売を開始
平成26年6月 医器販協から関連団体として分離・独立し、「日本医療機器販売業協会システムプロジェクト」と改称

組織

soshikizu.jpg

役員紹介(歴代代表)

代表理事 冨木 隆夫 第8期(H29年~)
医器販協 常任理事
冨木医療器株式会社
代表取締役社長
歴代部会長 中澤  肇 第1~2期(H15年~)
医器販協 副会長
株式会社八神製作所
代表取締役社長
田尾 延幸 第3期(H19年~)
医器販協 副会長
株式会社ムトウ
代表取締役社長
田中 凡實 第4期(H21年~)
医器販協 副会長
株式会社イノメディックス
代表取締役社長
山下 尚登 第5~6期(H25年~)
医器販協 常任理事
山下医科器械株式会社
代表取締役社長
冨木 隆夫 第7~ (H26年~)
医器販協 常任理事
冨木医療器株式会社
代表取締役社長

 一期は2年です。